なんとかやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その43 7日目-6 ブエナビスタ・ストリート番外編 東側編


Back stories, hidden tributes on Buena Vista St.という記事を見つけました。
Orange County Registerという地元の新聞のようです。
英語ですが、私の聞き逃した(というか理解不能だった)ブエナビスタ・ストリートに関する説明が読めます!


面白かったので、訳してみます。
結構掛かりそう……


ストリートの東側(北から南の順)


1) Oswald's gas station, 2600 Buena Vista St.

店名の由来: Oswald the Lucky Rabbitにちなんで名付けられました。Oswaldは1927年~1928年にディズニーがプロデュースした26もの無声アニメで主演を務めました。キャラクターの権利がアニメの興行主であるUniversal Picturesに属していたため、契約関係でUniversal Picturesと係争になったディズニーはOswaldシリーズから離れることを余儀なくされ、ミッキーマウスを生み出したのです。ディズニーは2006年にOswaldの権利を取り戻しました。

店の架空の設定:ロードトリップで必要なもの全てが手に入れられるワンストップショップ。

住所:"00"は新しいブロックの始まりを意味し、隠れた意味はありません。

実際に売っているもの: トラベルマグ、サンスクリーン、帽子等。

DSC02018.jpg


2) Chamber of Commerce, 2610 Buena Vista St.

店名の由来: テーマパークのゲストリレーションがここにあるため。

住所:住所の "10"は若き日のウォルトが両親と兄弟と共にミズリー州の小さな町 Marcelineを離れ、「大都市」であるカンザスシティーに移った年である1910年にちなんでいます。


3) Los Feliz Five & Dime variety store, 2628 Buena Vista St.

店名の由来: Los Feliz Five & Dimeは 1920年台にLAのLos Feliz地区に見られたような、古き良きfive-and-dime(安物雑貨店)です。Los FelizはウォルトがLAのKingswell Avenueの最初のアニメスタジオが手狭になった後スタジオを移したSilver Lake地区の近くでした。

店の架空の設定: 店の宣伝文句は「最安値、豊富な商品、品質を保証!見つからないものがあったらオーダーします!」

住所: 住所の中の "28"はミッキーとミニーマウスが映画デビュー年である1928年にちなみます。白黒アニメ「蒸気船ウィリー」です。

実際に売っているもの: Tシャツ、フリース、帽子、人形、おみやげ等

DSC02019.jpg



4) Big Top Toys store, 2642 Buena Vista St.

店名の由来: Big Top Toysは象の仔がサーカスで成長するディズニー・アニメ(1941年)「ダンボ」にちなんでおり、バックミュージックもダンボからきています。

店の架空の設定: Big Top Toysの宣伝文句は「世界一大きな、小さなおもちゃ屋」と「目を見張る素晴らしいおもちゃの数々(目を見張る=three rings ofは3つのリングで同時に行うサーカスthree rings circusから来ているようです)

住所: 住所の"42"は「ダンボ」の発表された年である1941年にちなみます。ブエナビスタ・ストリートの東側では偶数しか使われないので、42としました。「ダンボ」の封切りは1941年の10月だったので、1942年にはまだ公開されていたことですし。(訳者コメント:こじつけか!(笑))

実際に売っているもの: おもちゃ、ゲーム、plush(ぬいぐるみのことらしい!)


5) Hyperion Bridge, crosses Buena Vista Street

名前の由来: ブエナビスタ・ストリートにかかるこの橋のモデルはGlendale-Hyperion Bridgeです。Glendale-Hyperion Bridgeはコンクリートのアーチ型陸橋で、1928年に造られました。LAのSilver Lake地区とGlendaleを結んでいました。

架空の設定:ブエナビスタ・ストリートではあるお店がこの橋の近さを喧伝しています。"We're under the bridge,"とBig Top Toysが言いますが、実際にこの店の入口はこの橋の下にあるのです。

実際には: Disneyland Monorailの線路が通っています。


6) Elias & Co. department store, 2750 Buena Vista St.

名前の由来:ブエナビスタ・ストリートで一番大きなストアであるElias & Co.はウォルトの父であるElias Disneyから名前を取りました。(ウォルト自身のミドルネームもEliasです) Elias Disneyは1859年にカナダのオンタリオで生まれ、ゴールドラッシュの最中である1878年にカリフォルニアに渡ります。最終的には彼は妻のFloraと共にシカゴに落ち着き、末っ子のウォルトが1901年にシカゴで生まれました。 Eliasは彼の友人であるシカゴの St. Paul Congregational Churchの牧師Walter Parrの名前をもらいウォルトと名づけました。
(筆者注:ガイドさん曰く、Eliasは友人である牧師の妻も同時に妊娠していたので、賭けをして、二人共男の子だったらお互いの名前をつけると約束したらしい。)

店の架空の設定:Elias & Co. billsは「誰もが知っていて信頼できる」店であると自負しています。 豪華なアールデコ調のデパートで、顧客は「私のための服、僕のための服、子供のためのおもちゃ、素晴らしいギフト、フレンドリーなサービスと、それだけじゃないもっとたくさん!」を見つけることができます。

住所:特に由来はなし

実際に売っているもの:洋服、時計、ハンドバック、アクセサリー等
スポンサーサイト
  1. 2015/02/26(木) 08:48:06|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0
<<その44 7日目-7 ブエナビスタ・ストリート番外編 西側編-1 | ホーム | その42 7日目-5 ガイドツアー開始>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。