なんとかやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その42 7日目-5 ガイドツアー開始


カリフォルニアアドベンチャーに入場です。
まずはstaff onlyの部屋に通され、ツアーの準備を待ちます。
その間に女性が昼食のメニューのオーダーを取ってくれました。


カリフォルニアアドベンチャーにもディズニーランド同様、入り口近くに両側にお店があるストリートがあります。
ここからツアーがスタートです。
ガイドはさっきピンズの紹介をし、ここまで連れてきてくれたMichaelです。


ブエナビスタ・ストリート

DSC02016.jpg

Wikiの解説はこちら。
– ブエナビスタ・ストリートは、1920年代に初めてウォルト・ディズニーがカリフォルニアを訪れた際のロサンゼルスを再現したエリア。
赤い路面電車の「レッド・カーズ」がエリア内を走っている。–


1920年代にディズニーはポケットに100ドルだけ持って片道切符でカリフォルニアにやってきました。
オズワルドシリーズで大成功しますが、版権の関係でオズワルド使うことはできなくなってしまいます。
ディズニーは2006年にオズワルドの権利を取り戻し、パークでオズワルドと会うこともできます。
オズワルドのショップもあります。

DSC02018.jpg

オズワルドを失った失意のウォルトが作ったのがミッキーマウスです。
ウォルトがモーティマーと名付けようとしているのを妻が止めて、ミッキーになったそうです。
見難いですが、最初の写真の真ん中のお店の名前は「モーティマー」です。


ブエナビスタストリートのお店や建物の名前等にはディズニーのこのようなエピソードが満載です。
ディズニーは移転を繰り返しながらスタジオを拡大していきますが、歴代のスタジオの住所が使われていたりします。


スポンサーサイト
  1. 2015/02/26(木) 00:01:00|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0
<<その43 7日目-6 ブエナビスタ・ストリート番外編 東側編 | ホーム | その41 7日目-4 ツアー California Story>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。