なんとかやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私と会社についてと背筋が伸びる言葉

私が今働いているのは通算4社目の会社です。
一般的な日本人としてはかなり転職歴の多い方だと思います。
それぞれの転職に、私からすると止むに止まれぬ事情があるにはあるんですが、4という数字はなかなかに重い…
今の会社は気に入ってますし、(私の社歴の中で)偶数の会社の時は幸せで、奇数の時は不幸になるというジンクスがあるので、
できるだけ長く、お世話になりたいと思ってます。


が、そうもいかない大きな動きがありまして、私がいたくてもそうはいかなくなる可能性が50%くらいの確率で起こりそうです…
あぁー、ついてないなぁ…と落ち込みましたが、まだ時間的な猶予はあるので、決定的になるまでは考え過ぎないようにしようと思ってます。


色んな会社で働いて来ましたが、直属の上司はもちろん、社長によって会社の居心地はかなり左右されると思います。
この人のことが好きだな、とか尊敬できるなという社長の会社は居心地がいいので、
社長が会社の環境や社員の気持ちに与える影響はものすごく大きいのでしょう。


2社目の会社では、私は子会社の社長秘書でした。
この社長とは今もお付き合いがありますし、とても良くしていただきました。
そこの親会社の社長に言われた言葉で、私が今でもすごく覚えている言葉があります。


グループ会社全体のパーティーで初めて親会社の社長に会った時、名乗った私に彼はこう言ってくれました。


「あー、君がkojakure さんですか。いつも分かりやすいメールを書く人だと思ってたんですよ。」

なんてことない言葉かもしれません。
でも私、その時涙が出るほど嬉しかったんです。


割と言葉コンシャスなところがある私は、うまいか下手かはともかく、分かりやすくて簡潔なメールを書くというのをすごく心掛けていました。
些細なことで、褒められるようなことではない、当たり前なことでしょう。


でも社長はそれを認めてくれただけでなく、口に出して褒めてくれました。
しかも、まだ二十代だった私にとても丁寧な言葉遣いで話してくれました。


他に褒めるところがなくてそう言ってくれたのかもしれないけど、
自分が心掛けていることを褒められるのは自分でも驚く程嬉しくて、見ていてくれる人がいるのだなと感じました。
社長の言葉はすごくモチベーションを上げてくれたし、未だに思い出す度に背筋が伸びる思いです。
そして日々の業務が雑になっている自分を省みる…


あの会社を辞めた後も、業績が回復しているのを見るととても嬉しくなります。


私達はお金を稼ぐために働いています。
でもお金のためだけに働いているんじゃない。
たった一言の言葉を思い出すだけで、約8年程経った今も背筋を正しているなんて、
コストパフォーマンスが良いこと、この上ないじゃないか。


社長はきっとあの一言どころか、私のことさえ覚えてはいないだろうけど、
またお会いする機会があったら、
「ありがとうございました。あなたの一言は今でも私のモチベーションです。」
と伝えたいなと思ってます。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/03(水) 19:17:27|
  2. 日々の徒然
  3. | コメント:0
<<12/4のの晩御飯 鯛飯とカブの挽肉あんかけ | ホーム | 今日の晩御飯 タッカンマリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。