なんとかやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

伊豆断食旅 番外編

番外編というか、今回の旅の総括や気づいたこと、次回への覚書を記しておこうと思います。(すっかりまた行く気満々)


その1 持ち物


持ち物が多くて持って帰るのが大変でした。
帰りはお土産で荷物が増えるので、ミニマムに収めてスペースを確保すべし。


一応バスタオルとフェイスタオルを持って行きましたが、一組最初に貸し出しがあるの以外にも
追加で貸してもらえるし(ものによっては有料)、お洗濯もできます。


洋書のペーパーバックを3冊持って行ったけど1冊でよかった…
行き帰りに読む分だけで十分です。
漫画や本はかなり充実してます!


逆に持って行ってよかったものはチャック付きのエコバッグです。
お土産物がスーツケースからはみ出しまくってました…
あと、ユニクロのウルトラライトダウンのベストもかさばらないし、温かくてよかった。
でも来週から創業祭で安くなるのを見てショック…


その2 断食は辛いか?


思っていたより楽で驚きました。
たっぷり蓄えが付いているんですね…


今まで自分ではお腹が空いたから食べていると思い込んでいましたが、
惰性、ストレス解消、趣味、もったいないから等、空腹以外の理由で食べていることが多いんだなぁと思いました。
私の場合、暇つぶしに食べていることが多い気がする。
ちょっと出先で時間が空いたら、喫茶店でケーキセットをたのんでしまったりとか…
反省です。


断食明けの食事は丸2日咀嚼していない歯が戸惑っているのを感じました(笑)
おっかなびっくり噛むという感じ。
先生に言われた通りにたくさん噛むと、玄米御飯が甘くて美味しい。
満腹感もあります。


翻って、今まではランチの時大盛りが頼めるお店では必ず大盛りを頼んでいた私…
特にお腹が空いていると、食べるのがすごく早かった…
これからは食べ物を口に入れたらお箸を置いて30回を実践していくことを心に決めました。


その3 今後の決意


まず出来ることから取り入れていきたいです。


うちは相方くんの仕事の都合上、夕食が早くて21時、遅ければ23時を過ぎることもあります。
23時過ぎると事前に分かっていれば、待たずに1人で早めに食べるとは言え、
23時でも充実遅いよ…
そして、遅くなるときは早目に会社の近くで済ませてから仕事してほしいと何度言っても聞いてくれない…
彼は夜中の2時になろうとも、意地でも家で食べます。
そのこだわりが理解できない…


これからは夕食前に会社でおにぎりを食べて、家ではおかずのみか、おかずと豆腐を食べるようにします。
相方くんにもおにぎりを持って行ってもらおうと思います。
毎日できるかは分からないですが、そういう日を増やしていきたいです。


あと、食事の時はテレビを消すつもり。
今までも私が一生懸命作ったご飯を上の空で短時間で食べられるのは不満だったのです。
この機会にテレビを消して、ゆっくりご飯を味わってもらおうと思います。
私も料理の腕を上げなければ!!


食事以外では、できるかわからないけど、睡眠の質を改善したいです。
寝る前に携帯やパソコンを見てしまう癖があるので、これは改善していきたい…


また、土日は寝て過ごしがちでしたが、相方くんと自然を感じられる所へ出かける機会を増やしたいです。
お互い頭と手指しか使わない座り仕事ですからね。
遠出しなくても都心の公園なんかでもいいので、のんびりする時間を大切にしたいです。


別に特に自然が好きだと思ったこともなかったのですが、伊豆高原の自然に自分自身驚く程癒されました。
これぞヒーリングって感じでした。
パワーをもらったというよりはニュートラルに戻れたって感じの感覚で、
パワーチャージというよりはデトックスという言葉が近いかもしれません。
葉擦れの音、小鳥のさえずりの中で、自分自身の出す音 ー落ち葉を踏む音や息遣い、たまに関節が鳴る音なんかー を感じるのは、
普段の音に溢れた東京ではない感覚で、不思議な気持ちになりました。


色んなことを心と身体で感じた断食体験となりました。





スポンサーサイト
  1. 2014/11/17(月) 13:25:21|
  2. 旅行
  3. | コメント:0
<<伊豆断食旅 番外編 その2 | ホーム | 伊豆断食旅 4日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。