なんとかやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その15 3日目-5 ガイドNさんとホテルに到着。


飛行機を降りると、すぐそこに日本人の方が白い紙を持って立っていました。
紙には私達の名字が!!


今回の旅は航空券とホテルがパックになっているのですが、空港~ホテル間の送迎が付いています。
その送迎の方が飛行機を降りてすぐのところまでいらしてくださっていたのでした。
お迎えの方は荷物をターンテーブル取った後の到着ロビーにいらっしゃるとばかり思っていた私達はびっくりです。
ガイドのNさんとおっしゃるアメリカ在住の日本人の女性でした。


荷物のピックアップをする場所にはトラムに乗って向かうとのこと。
Nさんに教えていただかなかったら私達は随分と戸惑ったことでしょう。


無事スーツケースをピックアップし、ハワイ出身のドライバーさんと落ち合いホテルヘ向かいます。
ラスベガスの空港はなんとメインストリートであるストリップから車で10分程度という中心部にあります。
程なくラスベガスの明るいネオンが近づいて来て、その圧巻の明るさに目を奪われました。
本当に昼間のような明るさです。
日本が誇る(?!)大阪ミナミのネオン街さえも比べもになりません。


夜でストリップも渋滞していなかったし、「女の子だけ特別(Byドライバーさん)」とのことで、
いつもは通らないストリップを通ってホテルまで連れて行っていただきました。


いよいよ、私達が3泊するホテルベラッジオ(Bellagio)に到着です。


フロントの天井も美しい。




超でかい!!
超立派!!!
それもそのはず、ラスベガス手間も有数の高級ホテルで、ストリップのホテルのご多分に漏れず部屋数4000近くの巨大ホテルなのです。


Nさんがチェックインも行ってくださり、部屋まで付いて来て部屋の設備チェックまで行ってくださいました。


至れり尽くせり過ぎる!
  1. 2015/02/21(土) 11:09:20|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その14 3日目-4 ようやくラスベガス!


ラスベガス行きのフライトは20:43。
一本前のフライトに搭乗する人達を羨ましく見送ります。


お腹が減ってきた私は日本で買ってきたおかきやグミをひたすら食す。
すぐに食料も尽き、後は高級な水をちびちび飲みながら、
目の前の卒業旅行らしい日本人観光客の話を聞くでもなく聞いていました。


予定通りの時刻に搭乗開始し、シートベルトに座って一息。
でもそこからが長かった……
離陸までに1時間程かかったのではないでしょうか。


私が座席で眠っている間にようやく離陸。
約一時間のショートフライトで、程なくラスベガスへ到着しました!


  1. 2015/02/21(土) 00:27:14|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その13 3日目-3 そりゃないぜ、LA……


セキュリティエリアを出ると、無人チェックイン機があったので、乗り換え便のチェックインを済ませました。
発行された搭乗券にはターミナル5と書いてある。
セキュリティエリアの出口にいるガードマンに聞くと、ターミナル5に行くには一旦外に出る必要があるという。
日本なら建屋が違っても屋内の通路で繋がっていたりするものですが、ここでは一旦屋外に出る必要があるようです。


外に出ると、LAの気候はまるで夏。
ギラギラの日差しは真冬の日本から来た私達には眩し過ぎます……


10分弱歩いたでしょうか、ようやくターミナル5に到着です。
後で調べて分かったのですが、5はデルタ専用のターミナルで、お店やレストランがとても貧弱です。
次回は免税店が充実しているというトムブラッドレーターミナルを使いたいものです。


国内線のセキュリティチェックにもかかわらず、日本の国際線以上に厳重でした。
靴、ジャケット、帽子、全て脱がなければなりません。
そして誤算だったのが、水……
チェックの前に全ての水を捨てなければなりませんでした。
わざわざ機内から余った水を持ってきた私達は残念なことにここで全て放棄しました。
全くの運び損……


ようやくセキュリティチェックを潜り抜け、搭乗ゲートに向かいます。
その道すがら、喉が渇いたので水を買おうとすると、なんと500mlで3.5ドル、1Lで4.5ドルもするではないですか!!!


色々な店の価格をチェックするも、どこもほぼ同じ。
水を事前に奪っておいて、この馬鹿げた価格……
これはもう国ぐるみの詐欺なんじゃないかと訴えたくなります。


結局、喉の渇きには勝てず、高級なお水様を購入。
「そりゃないぜ!」
と叫びたくなった私達なのでした。


高級なお水様近影です……

  1. 2015/02/20(金) 18:42:24|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その12 3日目-2 ハーワーユー?


17:15のほぼ予定通りにLA到着。
まずはアメリカへの入国です。
最初に自動の機械で顔写真の撮影やパスポートの読み込みを行い、係員のいる入国審査へと進みます。
家族は一緒でOKとのことだったので妹と一緒に行きました。


審査官は怖そうなおっちゃんで、私の緊張はMAXです。
妹は以前の入国が10年近く前のため、指紋データ等が残っていないらしく、再度撮り直しをされました。
私は5年程前にグアムに社員旅行で行っており、記録が残っているらしく、不要でした。


ガッチガチに緊張している私におっちゃんが言います。


ハーワーユー?


How are you? に聞こえるが、ここでそれを言うか?
私のリスニングが間違ってる?
sorry?と聞き返すと、またハーワーユー。
答えあぐねていると妹が、「Hoe are you?」って言ってるよ!と教えてくれて、ようやく確信が持てました。


Fine thank you, and you?と身体に染み付いた学校英語で答えると、おっさんもGoodと言って終了。
なぜに最初ではなく、入国審査の途中に突然How are you?と思ったのですが、
今思えば私の極度の緊張を感じて、解そうとしてくれたのか……


入国が済んで、今度は預け入れ荷物のピックアップです。
同じ航空会社に乗り換えるので、通常なら乗り換えがあっても荷物は目的地までスルーチェックインできるはず。
でもアメリカ便は違うらしい。
セキュリティの強化のためでしょうか。


荷物を一旦受け取り、セキュリティエリアから出る前にまた預けます。
そこでおじさん二人がベルトコンベヤにスーツケースを積んでいるんですが、
「親の仇かなんかですか?」と尋ねたくなる程の荒々しさでスーツケースをベルトコンベヤに載せている、もとい、、、
叩きつけています……


スーツケースを心配しつつもセキュリティエリアの外に出ました。

  1. 2015/02/20(金) 00:37:22|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その11 3日目-1 フライトなう。


ここらへんから時差の関係で日にちがよくわからなくなってきました。
機内に足を踏み入れた時点を都合3日目とすることにし、長い2日目が終わりました。


このままアメリカに持っていくのも何なので、周囲の人に憚りながら、納豆巻きとおにぎりを平らげる私達。
しばらくするとライトミールと水も配られました。
前の人が座席をマックスまで倒しているので、テーブルにペットボトルが立たない・・・・・・
さすがにむかっときて、食べている間だけはとお願いして席を起こしてもらいました。


映画見るんだー!なんて浮かれていた私達ですが、ライトミールの後到着前のミールまで夢の中。
機内食はチーズがたっぷりかかったオムレツでなかなか美味でした。


そして映画の一本も見ないうちにLAX(ロサンゼルス)に到着です。

  1. 2015/02/19(木) 20:03:05|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その10 2日目-6 走れ、空港へ!


私達のフライトは00:05。
バレンタインナイトが終わると既に20:00近いので羽田に急がなければなりません。
ディズニーシーから羽田には直行バスがあるから楽々だと思っていたのですが、なんと最終が18:40。
仕方なく電車を乗り継ぐことになったのでした。


京葉線に乗り、まず新木場へ。
新木場で臨海高速鉄道に乗り換え、天王洲アイルへ。
老体に鞭打って階段を一気に駆け上がり、ゼーゼー言いながらモノレールに乗り換えです。


空港へ到着したのは21時過ぎくらいでした。
預けていたスーツケースをカウンターで受け取り、チェックインへ。
デルタは全てチェックイン機を使用した自動チェックインでした。
チェックイン後スーツケースを預け入れ。


身軽になった後、申し込んでいたWifiレンタルのカウンターを探すが見つからず、ここで結構時間が経過してしまいました。
地図が読めなくてゴメンよ~
ようやく見つけるとカウンターには列ができています。
人数はそんなに多くないけど、説明に時間がかかるのでなかなかはけません。


Wifiを受け取った頃には既に10時半も過ぎ、レストランもオーダーストップしていました。
結局最後の日本での食事に購入したのはセブンイレブンのおにぎりと納豆巻き。
とほほなまま、保安検査、出国審査を受け、ゲートに向かいます。


私は羽田の国際線を数回使ったことがあり、出国してしまうとロクな店がないからとわざわざコンビニで食料を事前に調達したのですが、
長距離路線のゲートの方に歩いて行くと、美味しそうなお店も結構ありました。
リサーチ不足でした……


程なく搭乗のアナウンスが流れて、おにぎりを食べる暇もなく搭乗です。

  1. 2015/02/19(木) 19:36:22|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その9 2日目-5 サプライズ!


号泣し過ぎて忘れてましたが、やっぱり私達のメッセージは読まれなかった……
残念ですが、仕方ないです。


そしてバレンタインナイトはいよいよフィナーレ。
最後にスクリーンにはメッセージが流されます。


「今年も一緒に来れたね。毎年、カップルのプロポーズを見て号泣するHちゃんが大好きよ!」


!!!!


何と妹からのメッセージが表示されました。
感極まって泣き出す二人。
いい歳した大人が二人で嗚咽を上げます。


四年目にして初めてのメッセージの掲載にしばし涙が止まりませんでした……


今年を最後にバレンタインナイトはリニューアルするので、今年は特別にフィナーレ後に舞台のキャラクター達の写真が撮れます。
妹は自慢の一眼レフ(ディズニーのために購入)で写真を撮りまくり、
私は動画性能の優れたデジカメで動画を撮り続けました。


もうこのショーを見れないと思うと淋しいけど、来年の新しいショーも楽しみな複雑な気持ち。
普段なら終わるのが悲しくてたまらないけど、今年はちょっと訳が違います!
だって私達の旅はこれから始まるのだから!!




  1. 2015/02/19(木) 19:19:52|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その8 2日目-4 メインイベント バレンタインナイト


休息と栄養補給で少し元気を取り戻し、リゾートラインで再び園内に戻ります。
待ちに待ったバレンタインナイトまであと一時間です!


冬の日曜ということもあり、お目当ての「マイフレンドダッフィー」は既に終了していました。
S.S.コロンビア号前で行われるショー「テーブルイズウェイティング」を見たりしつつまったりと過ごします。


そしていよいよ会場へ。




私達の席は舞台向かって左側のブロックの中央寄りの通路側という超好ポジション!


開始前のみ舞台の写真が撮れるので、舞台を撮影。
開演を前にし、期待の高まるプルート氏。




開演。
オーケストラの素晴らしい演奏とシンガー達の美しい歌声。
そしてキャラクター達が繰り広げる「マジカルモーメント」の数々。


夢のような時間が過ぎると、ナレーターのお二人が出ていらっしゃいました。
事前に観客がウェブサイトから送ったメッセージの中から抜粋した10名ほどのものが、読み上げられるのです。
ミッキーとミニーもお二人の傍らにいて、そのメッセージの内容に合わせたパントマイムを繰り広げるのがたまらなくかわいい!


バレンタインのイベントだけあり、毎回必ず入っているのがプロポーズのメッセージです。
ナレーターさんは必ず「どこにいらっしゃいますか?」と投稿者の方に手を挙げてもらうので、
毎回公開プロポーズの場となるのです。

このパートは私の最も苦手であり、同時に最も好きな部分です。
なぜならプロポーズを聞くと感極まって必ず泣いてしまうから……
プロポーズされた女性が嬉し泣きしてしまったりなんかすると、もう堪りません。
嗚咽を上げて泣き、頬を滝のように伝う涙で化粧落としは完了です。


プロポーズされてるのは私の親戚でもなければ、友達でもありませんし、
自身に感動のプロポーズの思い出があるわけでも、願望がある訳でもありません。
ただただ条件反射のように涙と嗚咽が止まらない……


今年は二階席の方のメッセージが読まれました。
彼氏は何とこの場に指輪を持参して、彼女に渡した……らしいですよ?
と言うのは、私の席からはその様子は見えなかったのです。
その代わりミッキーとミニーがナレーターさんの実況中継に合わせて、その様子をパントマイムで真似してくれました。
姿の見えないカップルのプロポーズにまで号泣する私って一体……



  1. 2015/02/19(木) 09:06:33|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その7 2日目-4 鍵ゲット!!と小休止


プルートを購入後、妹はタクシーでヤマト運輸の浦安営業所へと向かいました。
私はその間イクスピアリ内をぶらぶら。
なかなか混んでいます。
雨で両パークから人が流れてきているのもあるのでしょう。


千疋屋の順番待ちの椅子に腰掛けて待っていると、丁度順番が来たと同時に妹が帰還。
スーツケースの鍵ゲットです!!


そして千疋屋で小休止。
既に午後3時半、考えてみれば私達朝からほとんど何も食べてなかった。
お腹が空くはずです。


程よい辛さのココナッツカレーと




定番フルーツサンドをいただきました。




あぁ、幸せ!



  1. 2015/02/19(木) 08:47:28|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その6 2日目-3 そしてBBBとHelloプルート


そうこうしているうちにようやくBBBの時間です!!


雨と傘のコンビネーションでささくれ立った私の心を溶かしてくれる。
何度見ても最高の一言です。
シンガー方々もパフォーマーの方も素敵だし、何よりミッキーのドラムがすごい!!
見るたびに感極まって涙が出ちゃうのです……
そして今回は5列目ですから、すごく近くて迫力もすごかった。


BBB後、シーを出てリゾートラインで舞浜駅へ。
ディズニーランド、シー、両パークのお土産の買えるお土産屋さん「ボンボヤージュ」に向かいました。
お目当てはプルートのふにゃふにゃのぬいぐるみ。
前から可愛いと思っていましたが、買うのを自重していた私。
でも今回の旅のパートナーが必要だっ!と変な言い訳をしつつ購入の意思を固めました。



ところがシー内のお土産屋さんにプルートが見当たらない……
キャストさんに聞くと在庫を調べてくれ、ボンボヤージュにのみあるとのことだったのです。


厳正なる審査の上私のパートナーのざをいとめたのは彼です!!




くへええええ、かわいいいい!!!!





こんな感じで手の平サイズ。
愛らしくも強力な相棒を手に入れ、私達の旅もいよいよ盛り上がってまいりましたっ!


ううう、このペースで書いてたらいつアメリカに着けるのだろうか……
と不安を抱きつつも次へ続くのです。
  1. 2015/02/18(水) 19:43:38|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その5 2日目-2 雲行きが怪しく…


朝から曇っていましたが、ますます雲行きが怪しくなっていました。
そして、雨……


大勢が避難して混み具合MAXのお土産屋さんで、傘を前に逡巡する。
普段なら間違いなくディズニーリゾートの長傘(1000円(税抜))を購入するところなんですが、今回は海外旅行前だ。
こんな嵩張るもの買えない……


しょうもないことで悩むこと数十分。
ミッキーが刺繍されてるだけで驚くほどお高い傘(4000円位)を購入。
普段なら絶対買わないけど、これでようやくびしょ濡れから解放されたからいいかと開いてみると……


傘の骨、曲がってますがな!!!


なんとこれ、折れ曲がっている骨を手動でポキポキと伸ばしてあげなきゃいけない仕様なのだ。
ということは……畳むときもひたすらポキポキ。
しかも、普通に畳んだだけではぐちゃぐちゃに成ってしまうので、自分で一枚一枚整えながら畳まないとホックを止めることさえできない代物。
傘を畳むうちに私の手も洋服もべちゃべちゃに濡れています。
さしてる間雨がしのげても、結局濡れるんじゃささなくても同じじゃないのか?!
この傘、意味あるのか……


私はディズニー大好きですし、普段滅多に不満を感じませんが、これはいくらなんでもないんじゃないの?!


イライラの雨の中の私ですが、アーケードの中で思いがけずプルートと会えたのだけは嬉しかったです。






  1. 2015/02/18(水) 09:05:44|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その4 2日目-1 そして「冒険とイマジネーションの海」へ


翌朝、潮見駅からいそいそと京葉線に乗り込む私達。
こんな何もない駅に泊まったのは目的の場所へのアクセスが抜群だからなのです。


やってきました舞浜駅!
そう、本日の目的は東京ディズニーシーなのです!!
日本とアメリカの両ディズニーでラスベガスをサンドイッチするという壮大な計画なのです。


3年前の私の誕生日に妹がサプライズで「バレンタインナイト」というイベントに招待してくれました。
このイベントでは、通常のシーのパスポートにバレンタインナイトのコンサートの鑑賞券がセットされています。
コンサートはフルオーケストラに、キャラが勢ぞろいでこれがたまらなく良い!!
初回のバレンタインナイトにすっかり魅了されてしまった私達は今年4回目の参加です。
毎年熾烈な争奪戦の中チケットをゲットしていますが、今年は特にいい席を手に入れました。
一階の前方通路側なので、キャラクターと触れ合える可能性大なんです。


入場早々、バレンタインナイトと同じくブロードウェイミュージックシアターで行われるジャズコンサート、
Big Band Beat、略してBBBの抽選会場に急ぎます。
人数分のパスポートを抽選の機械に入れ、妹に抽選ボタンを押してもらうと……


シャララララララーン!


当選の音楽が鳴り響きました。


私、ここ4年で10回ほどはシーに来てるんじゃないかと思うんですが、抽選が当たるのは初めて!!





しかも、一階の前から5番目という良席ですよっ!
興奮が止まりません!!


BBBの開場まではまだ時間があるので、パーク内を散策。


まだまだ寒いですが、チューリップが綺麗に植えられていて春気分です。




掃除専門のキャスト(ディズニーではスタッフさんをこう呼ぶ)である「カストーディアル」さんが水溜りの水で絵を描いていたり…




毎回恒例となっているグーフィーとの記念撮影もしっかり済ませました。


あぁ、この雰囲気がすっごく楽しい!






  1. 2015/02/17(火) 19:50:27|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その3 1日目-2 潮見には何もない


スーツケースの鍵騒動を終えた私達は潮見のアパホテルへ。


潮見駅初めて来たのですが、東京23区だとは思えないくらい見事に何もない……
大きなマンションがたくさんあるのに人気がないのです。


晩ご飯を食べるところもなくて困りました。
結局ファミマのおでん、おにぎり、お菓子を購入し、貪りました。


そして明日に備えて就寝。
  1. 2015/02/17(火) 19:41:57|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その2 1日目-1 集合、そして事件


今回の旅のパートナー我が妹が東京へやってきました。
土曜日である本日は終日フリーのため、どこに行くか考えあぐねた挙句、清澄白河駅近くの深川江戸資料館へ。
江戸時代の深川の町並みが原寸大で再現されており、それぞれの家に上がり込むこともできる体験型の資料館で、なかなか楽しいところです。


そこをさらっと見た後、お隣の駅門前仲町の甘味処いり江へ。
こちらの豆かんは有名なのです。


初めて注文した安倍川餅が美味しすぎて幸せ!



餅を瞬時に平らげた私達、それぞれメインである甘味へと進みます。
私はクリーム白玉豆かんを、妹はあんみつをいただきました。
写真は私の豆かん。




黒蜜辺りが天啓をもたらしたのか、妹がここにきて恐るべき事実に気づきます。
本日スーツケースを宅配業者に引き渡した私は荷造りの苦労を語っていました。


すると妹の顔色が心なしか青くなる。


「私、スーツケースの鍵忘れてきたかも……」


妹は二日程前にスーツケースを宅配業者に預けています。
でもその肝心の鍵を忘れてしまったのです。


荷物をひっくり返して探しても無情にも鍵は出てきません。
そして妹は仕事用のバッグに鍵を入れっ放しであるという確信があるという……
九州の実家から送ってもらうしかありません。


まずは父に電話し、鍵のあることを確認。
その後、二人で手分けしてヤマトと佐川に電話します。
そして確認できたのは、ヤマトは最寄りの営業所で18:30位までに引き受けをすれば浦安営業所留で届けてもらえるとのこと。
どうして浦安なのかはまた後ほど。


結局実家の近くに営業所のあるヤマトにしましたが、なかなかどうして佐川も優秀でした。
実家から車で1時間程かかるハブ営業所に22時までに持ち込めば、
翌日の夕方までには羽田空港営業所に付けてくれるとのことでしたから。


実家の両親がヤマトへ急ぎ、鍵は明日の夕方には妹の手許に届くことになりました。


怒涛の電話を繰り広げた合間に食べたあんみつも豆かんもほとんど味は分からなかったのでした……


姉である私は妙に落ち着いていました。
今まで伊達にそそっかしい自分とお付き合いしてきてないぜ!
最近も会社にパソコン忘れて行ったことあるんだぜ!
おかけでこの手のトラブルとそのリカバリーにはすっかり落ち着いて対応できるようになりました。
良いのか悪いのか……






  1. 2015/02/17(火) 09:10:54|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0

その1 沈黙を破る!?


長々と休んでいましたが、久々の更新です。
久方ぶりにブログを始めたのはこれを書くためと言っても過言ではないので、書かないわけにはいきません。


ラスベガスとアナハイムのディズニーランドへ行ってきました!
今日から恐怖の(?)仕事復帰です。
アナハイムの最高気温は30度近く、そこから帰ってきての雪は身体に沁みます……


これから少しずつ旅行記を書きながら思い出を反芻しつつも、なんとか日常生活に戻っていきたいと思います。
本当に戻れるのか、私……











  1. 2015/02/17(火) 08:45:06|
  2. ラスベガス・アナハイム旅行記
  3. | コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。