なんとかやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「未来へ……」

先日サインを頂いた新井素子先生の最新刊、「未来へ……」を読了しました。
長編でしたが読みやすく、するりと読めました。


ネタバレになってしまいますが、保育園の時に事故で死んでしまった双子の姉佳苗ちゃんを、
母親である若葉さんと双子の妹である20歳になった菜苗ちゃんが時空を超えて助けるというお話です。
現在と過去を繋ぐ媒介となるのが夢なのですが、先生が夢からお話のヒントを得ることがあるというのをトークショーで聞いてから読むと、
(エッセイでもおっしゃていたことがあって、「もとちゃんの夢日記」っていう丸ごと夢についてのエッセイまであります!)
これも実際に見た夢から着想を得られたのかもしれないなと思いました。


佳苗ちゃんは助かるのですが、彼女の助かった世界はパラレルワールドになってしまい、
若葉さんと菜苗さんの暮らす世界は変わらないまま、つまり佳苗ちゃんは死んだままなのです。
でも二人は佳苗ちゃんの生きている未来に思いを馳せながら、前を向いて生きていけるんだと思います。


「未来へ……」の中には私が感情移入できるような人はいません。
あ、もちろん、登場人物の行動や感情には共感するのですが、立場が違うので感情移入するまでには至らないのです。
私には子供はいませんし、保育園生はもちろん、20歳だったのも大分昔だし。
だから、客観的に、割と楽に読めました。
最も最近読んだ先生の長編(だと思う)の「チグリスとユーフラテス」では、すごく感情移入して読んでしまって少し苦しかった。
だから、その意味でも苦しまずにするりと読めました。


先生の作品はジャンルとしてはSFなんですが、すごく日常の空気を感じるSFです。
それはそれは、ほよよんとした文体で日常の出来事(たとえば食事や調理の風景)が語られていて、
自分も日常の気持ちで読んでいると、いつの間にかSFになっているという……
これは先生独特の持ち味ではないでしょうか。


この前に「銀婚式物語」を読んだからかもしれませんが、母親の若葉さんと旦那様が、「銀婚式物語」の陽子さんと正彦さんを、そして先生と旦那様を思い起こさせます。
陽子さんと正彦さんに、先生と旦那様に子供ができていたら、こんな親になっていたのかしら?と思いながら読みました。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/30(日) 05:33:29|
  2. 読書
  3. | コメント:0

極暖が極めて暖かい件

先週末ユニクロで創業祭をやっており、近くを通り掛かったので何気なく行ってみました。
目玉の一つとして、通常のヒートテックより1.5倍暖かいという「極暖」が一枚1000円になっていたので、買ってみました。


ヒートテックは何枚か持っている私ですが、つるっとした素材は着るとき冷たいし、
そんなに暖かいかといったらそうでもないし、生地が薄いのでそんなに丈夫でもない。
ということで、極暖に対してもそんなに期待値は高くありませんでした。


ここ数日寒いので早速着てみました。


あ、暖かい!!


まず裏地が起毛しているので、着た瞬間からふんわり暖か。
毛布にくるまれているような感触です。
そして、生地が厚めで、伸縮性も抜群。
肝心の保温性能ですが、薄手のセーターの下にこれ一枚だったんですが、十分暖かく過ごせました。


まだ洗濯していませんので、耐久性がどうか分かりませんが、とりあえずこの感動を残しておきます。
久々にユニクロやるじゃん!と思った。


  1. 2014/11/26(水) 23:42:51|
  2. レビュー
  3. | コメント:0

銀婚式物語

新井素子先生のサイン会が終わり、脱力のまま三連休が終わりました。
ハイライトが初日に来てしまった……
だらだらとお休みを過ごすのは平常運転なれど、心はワクワクしてました。


まずは軽く読めそうな方からということで、サインをいただいた2冊のうち、「銀婚式物語」を読みました。
「銀婚式物語」は「結婚物語」、「新婚物語」に次ぐ三部作の三作目で、
(あとがきによるとこれから四部作、五部作……になるかもしれない!)
このシリーズは実は先生の小説の中で私の一番のお気に入りです。


陽子さんという作家と正彦さんというサラリーマンが大学を卒業してしばらくして結婚するまでのすったもんだと、
その後の新婚生活でのすったもんだが描かれています。
キャラクター設定や環境はまんま先生と旦那様なので、よくエッセイだと思われますが、あくまでフィクションだとあとがきでも強調してあります。


「すったもんだ」と言っても、浮気や深刻な家庭の事情等の事件が起こるわけではなく、
愛し合ってるカップルが、そう深刻ではない、面白おかしい事情が重なり、結婚を果たすまでに苦労するのを描いたのが「結婚物語」で、
夫婦になったやっぱり愛し合ってる二人が、東京の狭い住環境等に苦労しつつも、新しい家庭を築いていくのが「新婚物語」という感じですかね。


うーん、私の説明を聞いてもちっとも面白そうではないですが、陽子さんと正彦さんと一緒にあっけにとられたり、
くすっと笑ったり、結婚っていいなと心から思えるので、既婚の方にも未婚の方にも是非読んでいただきたいです。
(学生の頃から読んで、これほど結婚の良さを感じているにもかかわらず、未婚とはこれ如何に!?)


もちろん先生の本領はやはりSFだと思うし、ガツンと「衝撃を受ける度」では、SF作品には劣ります。
でも私は陽子さんと正彦さんカップルが大好きで、私を幸せな気持ちにしてくれるという点ではこのシリーズに勝るものはないのです。


と、前置きが長くなりましたが、愛読のシリーズの数十年の時を経た最新刊ということで、思い入れたっぷりの「銀婚式物語」です。


結婚時の正彦さん25歳、陽子さん24歳だったので、約50歳になった二人。
銀婚式の記念の食事の前に家事をする陽子さんが今までの結婚生活を振り返るという構成です。
なんと最初に「この本では何も事件は起こりません!」と宣言してしまうという異例っぷり。
なんとも新井素子の先生だな~という感じがします(笑)


25年間―丁度人生の半分―という長い時期にはいろんなことがありました。
楽しいことだけではなく、辛い出来事や避けられない別れもある。
でも、それを乗り越えてなお、変わらない二人に会えたのが私は本当に嬉しかったのです。
もちろん結婚した歳の倍の年齢になっている訳ですから、成長したり、深みが増していたりはするのですが、
私が二人にずっと変わってほしくないなと思っていた根っこの部分は変わっていなくて、
いつでも陽子さんと正彦さんのままなのです。


新井先生と旦那さんと実際お会いして、あまりにもエッセイから受ける印象そのままで幸せなご夫婦で、
その後読んだ「銀婚式物語」でも陽子さんと正彦さんがやっぱり幸せなご夫婦で、私はとっても幸せです。


そして、これからも大好きなこの二組のカップルがずっとずっと幸せでいてくれたら、私もやっぱりとっても幸せだと思うのです。







  1. 2014/11/25(火) 22:28:03|
  2. 読書
  3. | コメント:0

新井素子先生のサイン会に行きました!

新井素子先生の「未来へ……」発刊記念のサイン会に行ってきました!


先生の本を初めて読んだのは中学生の頃。
最初に読んだ本は「グリーンレクイエム」だったと思います。
先生の本職であるところのSFはもちろんですが、エッセイが大好きです。
そして、エッセイと小説の間くらいの「結婚物語」「新婚物語」が特に好きで、数え切れないほど読みました。


ある日、インターネットでふと先生のお名前を検索したところ、サイン会のお知らせが出てきました。
心象風景で稲妻見えましたっ!
運命を感じちゃいました。


携帯のカレンダーに電話の受付開始時間を設定しましたが、当日はアラームが鳴らないうちからそわそわ…
開始共に携帯と会社の電話(秘密です…)からダブルで電話掛けまくり。
数十回掛けても繋がらず、冷や汗が止まりません。
「これは運命なのだから繋がらないはずはない」と自分を励ましながら、リダイヤルボタンを押し続けます。
繋がったときには嬉しくて手が震えました。
でも会社の電話の方が繋がってしまったので、廊下に出ることができず、オフィスで
「あのー、新井素子先生のサイン会の予約なんですが…」と言うのは非常に恥ずかしかった…


さてさて、あっという間にサイン会当日。
先生は知る人ぞ知るぬいぐるみ好き。
我が家のカピバラさんがすっかり行く気のようです…
ちょっと迷ったけど、我が家で一番古く、かつ一番大きいカピバラさんが同行することになりました。
カピバラさんの人生2回目の外出であります。
(1回目はUFOキャッチャーで取られた時)


秋葉原の書泉に到着。
まず一階で本の精算をして、9階のイベントスペースへ向かいます。


4列目。
年齢層は高め。
先生と同い年~少し下くらいの方が多いのかな。
アラサーの私ですが、ここではかなりのヤングです。




会場の後ろには物販コーナーがあり、なんと購入した本には全てサインがもらえるとのこと。
な、なんと太っ腹な!!
私は「銀婚式物語」の文庫を購入。


そして、先生登場!!


何度か写真で拝見した感じそのままです。
口調が本の地の分の語り口そのままで感動!!
最初は担当編集の方とトーク。
「未来へ……」読むのがとても楽しみになりました。


その後はみんなからの質問に答えるコーナー。
参加券の裏に書いた質問を箱に入れたのを先生が引いて、それに答えていきます。
なんと、私の質問2番目に読まれました!!
「彼にどうすればぬい好きになってもらえますか?」というもの。
※注:先生はぬいぐるみをぬいと呼ぶのです。


一瞬無言になった先生、「…反則技使ってもいいですか?」とおっしゃる。
そして…


「旦那ー、旦那!どうやってぬい好きになった?」
なんと、後ろの方に旦那様がいらっしゃっていたのです!!
エッセイでサイン会に旦那様がいらっしゃったというのを読んだことがあったのですが、今日もいらっしゃっていたとは!


突然振られた旦那様、一瞬絶句。
そして、「…一緒に、寝ることでしょうか…」と一言。


「あぁ、これが正彦さんか!!」
(注:正彦さんは「結婚物語」等の主人公の1人。モデルは旦那様。)
思いがけず旦那様にまでお目に掛かれて、大興奮の私でした。


トークショーの後はサイン会。
先生は一人一人の人とお話ししながら丁寧にサインしてくださいます。
ドキドキしながら順番を待つ私。
エコバッグに入ったカピバラさんを出す度胸があるのだろうか…
自分の前くらいで意を決して、汗ばむ手でエコバッグのファスナーを開けます。


とうとうやってきた私の順番。
先生を目の前にして、手の震えが止まらないチキンな私。
まず自分の名前を書いた紙を渡します。
「××さんですか?」と助手(?)の方。
「いえ、⚪︎⚪︎です。」
そう、私の名前はかなり難読です。
自分の名前が好きではなかったのですが、先生に「綺麗な名前ですね」と言われてご満悦。


はっ、こんなところでご満悦してる場合じゃない!
私には重要なミッションがあったのだ!!


「あのぅ~…」
とカピバラさんを取り出すと、助手の方が「先生っ、ぬいさん!」とおっしゃってくださり、
先生が気付いてくださいました!
「おお、カピバラさん!」
カピバラさん、先生に抱いてもらえましたよ。
しかも、「あれ?口が開いてる!うちのカピは開いてないのよ」と先生。
さすが、世界でも有数のぬい収集家。
カピバラさんもお持ちなんですね!


そして先生、カピバラさんを持ち上げ「旦那ー!このカピバラさん、口が開いてる」と再び後部に座る旦那様に話しかける。
カピバラさん、ライオンキングのシンバ状態です。


こんな感じ



後で聞いてみると、カピバラさんもとっても緊張していたんですって。


ちなみに、私はカピバラさん大小20匹程度と暮らしていますが、口が開いてるのは彼のみ。
確かにレア物なのです。


「彼にぬいを好きになってほしいという質問したの私なんです。頑張ります!(何を!?)」
とも伝えられたし、もう思い残すことはありません。


カピバラさんも一緒に写真も撮ってもらえました!!
先生のお写真はネットでたくさん見ることができるんですが、一応目隠し。
この写真を撮るときも先生が「カピバラさんの口がちゃんと見えるように」って、角度調整してくださいました。
カピバラさんも感激です。



「口の開いたカピバラさんがいたってうちのカピにも伝えておきますね」とのお言葉もいただきました。
おぉ、新井家のカピバラ様にうちのカッピーの存在が伝わるとは、感無量…


サインが終わった人から部屋を出て行く感じだったのですが、
少女漫画の階にいたら、先ほど隣に座っていた女性が降りてきました。
本を抱えてニコニコと嬉しそうな顔をしていて、私まで微笑ましい気分になりました。
声を掛けたかったんですが、勇気が出ず…


中学生だった自分に今日のことを教えてあげたいな。
30代になってもう若くない私だけど、
叶わなかった夢もいっぱいあったけど、
でも楽しいこともいっぱいあるよ。


大学生だった私にも教えてあげたい。
徹夜で読み上げて、一睡もせずに講義に出ながらも、
思わずスキップしちゃうほど面白いと思った本を書いたあの人と会えたんだよ。
ちなみに、お前がさぼってたせいで苦労してるから、ちゃんと勉強しとけよ、
せめて英語だけでいいからさ…








  1. 2014/11/24(月) 00:06:48|
  2. 日々の徒然
  3. | コメント:2

今日の晩御飯 蟹づくし

今日の晩御飯と言うより、昨夜の晩御飯ですが…


相方くんとカニ道楽に行きました!
グラタンを撮り損ねた…


お通し



蟹の甘酢



お刺身



茶碗蒸し



唐揚げ



釜飯



相方くんは蟹すきの入ったコースだったので、雑炊が最高でしたっ!!
二人で違うコースを頼んで良かった。





  1. 2014/11/23(日) 22:58:09|
  2. 今日の晩御飯
  3. | コメント:0

今日の晩御飯 里芋の味噌バター炒め

今日も相方くんと二人ご飯。





時間は11時近いので、私はご飯抜きでした。
でも食後にドーナッツ食べたら意味ないだろう、自分よ…


献立は、里芋の味噌バター炒め
レシピはこちら


冷蔵庫にあったベーコン、万願寺とうがらしを加えて、わけぎをこれでもかと掛けました。
味付けは味噌を減らして、その分塩麹と醤油を入れて。
おいしくできました。


今週の常備菜もようやく食べ終わりました!









  1. 2014/11/22(土) 11:02:51|
  2. 今日の晩御飯
  3. | コメント:0

今日の晩御飯 久々に2人

相方くんが9時半位に帰ってきて、久々に食卓を二人で囲むことができました。
やはり二人で食べるといつもより美味しい。
「断食どうだった?」何て聞かれて、どれだけ顔を合わせてなかったかを実感します。


常備菜のキャリーオーバーに加え、相方くんには、伊豆土産の鯖の干物と大根おろしをつけました。
あと、熱海駅で買ったチーズ入りの薩摩揚げ。


私は夕方に軽くオードブルをつまむ機会があったので、お米は食べず、代わりに豆腐を食べました。


まだ20日位は大変な日々が続くとのこと…
早く平常運転に戻ってくれること、健康に今年が終えられることを祈っています…
  1. 2014/11/21(金) 09:01:46|
  2. 今日の晩御飯
  3. | コメント:2

今日の晩御飯 牛たん…

牛たんねぎしで、牛たん定食。
麦とろろ、かっ込んじゃいました…
ああっ、まだ2日しか経ってないのに…


しかもランチはとり南蛮定食。


怖くて体重が計れません…
  1. 2014/11/20(木) 08:37:43|
  2. 今日の晩御飯
  3. | コメント:0

今日の晩御飯 間違い探し

断食から帰ってきて、これからは毎日何を食べたか記録しようと思っています。
たとえ晩御飯がポテチだとしても偽り隠さず…


ということで今日の晩御飯は間違い探しみたいになってしまいました…





献立は昨日に同じ、プラス伊豆土産のチーズケーキです。
(早速ケーキ食べていいのかっ?!)


チーズケーキはバニラの香りが濃厚系でした。
私は酸味の強い、レモン風味チーズケーキの方が好みなので、あんまり好みではないかも。
ケーキ一つで少し胸焼けしたのは、やっぱり断食で味覚もリセットされてるからでしょうか。


多分明日、下手すれば明後日も同じ献立です…
と言うのも、相方くんがほとんどご飯食べてないので常備菜が減りません。
断食から帰ってきてからまともに顔を見ていない。
私が寝てから帰ってきて(多分1時は過ぎてる…)、起きた頃に出勤していきます。
身体が心配です。
来週には平常運転に戻るといいな。
と言っても、毎日10時とかなんですけどね。
せめて、その日のうちに帰ってきておくれよ…
  1. 2014/11/19(水) 08:50:27|
  2. 今日の晩御飯
  3. | コメント:0

今日の晩御飯 筑前煮他

断食から帰っても1週間はできるだけ健康的な食生活を続ける必要があります。
断食後はとても吸収しやすい体になっているんだそうで、
ここで良い物を食べるかどうかが成功の鍵だとのこと。


最終日の朝、施設に農家の方が有機野菜を販売しにいらっしゃいました。
私もゴボウ、唐辛子、万願寺とうがらし、柚子、里芋、葉付きのミニ大根を購入したので、
買い置きの材料と組み合わせて何品か作りました。





発芽玄米と白米半々のご飯
筑前煮(蓮根、ゴボウ、鶏肉、人参、干し椎茸)
白菜とベーコンのスープ(卵入れ忘れた…)
キンピラサラダ(ゴボウ、蓮根、人参、大根)
プチトマト
大根葉と熱海駅で買った笹かまぼこのピリ辛炒め
お気に入りのみっちり詰まった木綿豆腐の冷奴は塩で


冷奴と大根葉の小鉢を逆にするべきでした…


明日もほぼ同じ献立になるので、今度はそうしよう。
盛り付けの仕方を習いたいです。
私にはセンスがない…
  1. 2014/11/18(火) 09:18:18|
  2. 今日の晩御飯
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 番外編 その2

番外編は前回手間終わる予定だったのですが、ちょっと続き


その4 トラブル発生


熱海から東京駅は東海道線の各停を使ってみました。
(熱海って、案外近いし交通費も高くつかないで、
ふらっと温泉に入りに行ってもいいなと思いました)


お土産の干物とお菓子の入ったエコバッグは網棚へ。
2時間弱程で東京駅に到着。
元気良く電車を降り、エレベーターへと颯爽と向かう私。
断食の効果か体も軽いです。


って、違うわ、物理的に軽いわっ!


エコバッグがない…
駅員さんに尋ねると、


「今着いた電車は折り返し熱海に行きます。
出発まであと5分ありますので、探してみては?」と。


どの車両に乗っていたか全く記憶にございません…
あぁ、箱根旅行の際に乗っていた車両とかを覚えておくことの大事さを痛感したというのに…


後ろの車両から先頭車両まで全て見るも、荷物はありません。
あぁ、あの中には要冷蔵のものが詰まっているのに…
全てダメになってしまうのだろうか。


ホームの先頭車両のあたりには駅員室があったので、
駅員さんにエコバッグの忘れ物ががなかったか聞いてみると、

「それはどんな柄ですか?なんのブランドですか?中身は何ですか?」

と矢継ぎ早に質問されました。


おぉ、これは黄金のパターンではないですかっ!


エコバッグ、ありました。
届けて下った方、もしくは清掃の方、ありがとございました!


その5 購入した食器達


こちらです。
あざみの柄が可憐過ぎます!





お茶碗は側面の下部にのみあざみが。





昨年はもう一回り大きな平皿と、アザミシリーズではないカップを買いました。
近いうちオールスター勢揃いの献立を作りたいです!



  1. 2014/11/18(火) 09:03:30|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 番外編

番外編というか、今回の旅の総括や気づいたこと、次回への覚書を記しておこうと思います。(すっかりまた行く気満々)


その1 持ち物


持ち物が多くて持って帰るのが大変でした。
帰りはお土産で荷物が増えるので、ミニマムに収めてスペースを確保すべし。


一応バスタオルとフェイスタオルを持って行きましたが、一組最初に貸し出しがあるの以外にも
追加で貸してもらえるし(ものによっては有料)、お洗濯もできます。


洋書のペーパーバックを3冊持って行ったけど1冊でよかった…
行き帰りに読む分だけで十分です。
漫画や本はかなり充実してます!


逆に持って行ってよかったものはチャック付きのエコバッグです。
お土産物がスーツケースからはみ出しまくってました…
あと、ユニクロのウルトラライトダウンのベストもかさばらないし、温かくてよかった。
でも来週から創業祭で安くなるのを見てショック…


その2 断食は辛いか?


思っていたより楽で驚きました。
たっぷり蓄えが付いているんですね…


今まで自分ではお腹が空いたから食べていると思い込んでいましたが、
惰性、ストレス解消、趣味、もったいないから等、空腹以外の理由で食べていることが多いんだなぁと思いました。
私の場合、暇つぶしに食べていることが多い気がする。
ちょっと出先で時間が空いたら、喫茶店でケーキセットをたのんでしまったりとか…
反省です。


断食明けの食事は丸2日咀嚼していない歯が戸惑っているのを感じました(笑)
おっかなびっくり噛むという感じ。
先生に言われた通りにたくさん噛むと、玄米御飯が甘くて美味しい。
満腹感もあります。


翻って、今まではランチの時大盛りが頼めるお店では必ず大盛りを頼んでいた私…
特にお腹が空いていると、食べるのがすごく早かった…
これからは食べ物を口に入れたらお箸を置いて30回を実践していくことを心に決めました。


その3 今後の決意


まず出来ることから取り入れていきたいです。


うちは相方くんの仕事の都合上、夕食が早くて21時、遅ければ23時を過ぎることもあります。
23時過ぎると事前に分かっていれば、待たずに1人で早めに食べるとは言え、
23時でも充実遅いよ…
そして、遅くなるときは早目に会社の近くで済ませてから仕事してほしいと何度言っても聞いてくれない…
彼は夜中の2時になろうとも、意地でも家で食べます。
そのこだわりが理解できない…


これからは夕食前に会社でおにぎりを食べて、家ではおかずのみか、おかずと豆腐を食べるようにします。
相方くんにもおにぎりを持って行ってもらおうと思います。
毎日できるかは分からないですが、そういう日を増やしていきたいです。


あと、食事の時はテレビを消すつもり。
今までも私が一生懸命作ったご飯を上の空で短時間で食べられるのは不満だったのです。
この機会にテレビを消して、ゆっくりご飯を味わってもらおうと思います。
私も料理の腕を上げなければ!!


食事以外では、できるかわからないけど、睡眠の質を改善したいです。
寝る前に携帯やパソコンを見てしまう癖があるので、これは改善していきたい…


また、土日は寝て過ごしがちでしたが、相方くんと自然を感じられる所へ出かける機会を増やしたいです。
お互い頭と手指しか使わない座り仕事ですからね。
遠出しなくても都心の公園なんかでもいいので、のんびりする時間を大切にしたいです。


別に特に自然が好きだと思ったこともなかったのですが、伊豆高原の自然に自分自身驚く程癒されました。
これぞヒーリングって感じでした。
パワーをもらったというよりはニュートラルに戻れたって感じの感覚で、
パワーチャージというよりはデトックスという言葉が近いかもしれません。
葉擦れの音、小鳥のさえずりの中で、自分自身の出す音 ー落ち葉を踏む音や息遣い、たまに関節が鳴る音なんかー を感じるのは、
普段の音に溢れた東京ではない感覚で、不思議な気持ちになりました。


色んなことを心と身体で感じた断食体験となりました。





  1. 2014/11/17(月) 13:25:21|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 4日目

あっという間の最終日であります。
なぜかあまり眠れず、4時には目が覚めてしまいました。
普段の私なら絶対にあり得ません。


6時半からサイレントウォーク。
ひたすら先生の後を続いて歩く歩く。
先生は速足でどんどん登っていくので、付いていく私達の息が上がります。


ご褒美はこの絶景!




施設に戻って荷造りを大体済ませて、温泉に入りました。
最後と思うと寂しいです…


そして退所面談。
体重は1.4kg減ですが、入所面談のときは履いていなかったジーンズを履いていたので、実際はもう少し減ってると思う。
自律神経の数字も軒並み改善とのことで、嬉しい結果となりました。
数字もそうですが、色々気付きもあって数字以上の成果を感じました。


そして待望の普通食!!
これで500kcal。
案外量がありますね。




食生活改善講座や食のワークで聞いたとおり、ゆっくりゆっくり噛んで食べます。
30分弱かかり、満腹です。


朝ご飯が終わったら名残を惜しむ暇もなく、駅への送迎のマイクロバスに乗り込みます。


スタッフの皆さんが手を振って見送ってくださるのを見ながら、またここに戻ってくることを決意したのでした。


〈完〉
  1. 2014/11/17(月) 12:54:06|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 3日目 その4

夕食後は楽健法という、相手を足で揉むマッサージをペアになって教えてもらいました。
人数が奇数で、先生にやってもらえてラッキーな私。


そして最後に断食を頑張り抜いたご褒美のティータイム!!
あまりにラブリーかつゴージャスなそのお姿に写真を撮りまくる。
なんとマスクメロン様が入っているんだぜっ!!
確か、メロン、梨、オレンジ、キウイ、リンゴ、焼きリンゴ、ブドウ、レーズンが入っていたと思います。


キャンドルの光で温めます。








「少しずつ味が変化するので少しずつ飲んで、いろんな味を楽しんでください」とのことだったので、
コップに1、2cmだけ入れて、何杯も楽しみました。
フルーツの優しい甘味があります。
そして、飲み終わった後はフルーツを食べてもOKとのことで狂喜乱舞する私達。
メロン、りんご、梨、オレンジ辺りが美味しくて、キウイはちょっと変な味でした。
断食がほぼ完了して、みんなリラックスしてお喋りするのはいいものです。


解散後もう一度温泉に行き、就寝したのでした。

  1. 2014/11/17(月) 05:10:02|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 3日目 その3

施設に戻って来たところで、お世話になっている先輩へのお土産を買い忘れていたことを思い出します。
ケーキ屋さんに戻る気力はないし、さりとて干物のお土産は渡すとき臭いとかしたら困る…


そこで思いついたのが、昨日お邪魔した海座工房さんです。
おまけでいただいた鯛の箸置きがすごく可愛かったので、あれを差し上げたいと思いました。
丁度お正月に使っていただけそうですし。
今回はご主人に対応していただき、箸置きを購入。
伊豆おすすめの温泉旅館を教えてもらったので、次回ぜひ泊まってみたいものです。


施設に戻りついたのは16:30。
出発が13:30だったので、3時間歩き通しでした。
疲れた~!


急いで温泉に入って汗を流し、少し遅刻で5時からのヨガに参加しました。


そして待ちに待った夕食!!


今回は七分粥、大根の味噌汁、冷奴、お味噌汁、ごま塩、人参のシャーベットです。




みんなニコニコしながら、たったこれだけの食事をゆっくりゆっくり食べました。
お豆腐醤油を掛けなくても甘くておいしい。
素材の味を楽しむということが少し分かったかもしれません。


味わって食べたらこれだけの量でもちゃんと満腹感を感じるのです。
あ~、幸せ!!

  1. 2014/11/17(月) 05:00:26|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 3日目 その2

約1時間の施術を終えると、準備を整え近くの池地区の水田を見に行きました。
ここには昔ながらの水田風景が残っているとのこと。


てくてくてくてく、下りの道を30分くらいで到着。
山の間に水田が広がっています。
と言っても、稲刈りが終わっていますので、稲刈り後に生えてきた葉が緑色なくらいで、どっちかというと殺風景ですね。
田植え直後や稲刈り前に来たらすごく綺麗だと思います。


雲間から光が差すのが何だか神々しかったです。




一つ一つの畑が思ったより狭くて、驚きました。
多分耕作機械が入らないだろうというサイズの畑がたくさんあったので、手作業でやられているのかな。


空気に癒されます。




多分農業用水路の小川。




見にくいですが、天皇皇后両陛下ご散策記念の植樹。
こんなところにまでいらっしゃっていたのね!と驚き。
うちの相方くんは絶対天皇にはなれないなとかどうでもいいことを考えながらてくてく。
(全ての乗り物で乗り物酔いしてしまう…)
継承権ないので、余計な心配もいいとこです(笑)




水田をぐるりと一周回った後は、大室山荘バス停近くの「レナンの森」へ。
有名なお菓子屋さんらしい。
看板メニューの生チーズケーキ、焼きドーナツ、マドレーヌ等お土産に購入。
オープンテラスで3人でお茶するオサレなスイーツ男子達を横目に、
ここでも一切何も口にすることのなかった私を、誰が褒めてくれなくても自分は褒めたい…




その後は施設の先生もおすすめだった山幸ひもの店を目指してえっちらおっちら登り坂を上る。
オススメの干物を何枚か購入しました。
明日の朝、施設に届けてくれるそうです。

  1. 2014/11/17(月) 04:49:21|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 3日目 その1

目が覚めると5時半。
どうも爽やかな目覚めではありません。
何だか気分が悪い…
もしかしてこれは断食中に多くの人が経験するという、噂の低血糖状態というのではあるまいか?!


昨夜の食生活改善講座で、施設の主催の先生が
「明日の朝が一番辛いと思います」とおっしゃっていたのを思い出します。
ふらふらするのでゆっくり起き上がり、一階の広間に生姜湯を飲みに向かいます。
(1日1袋まで低血糖防止に糖の入った生姜湯が飲めます)


生姜湯を飲んで一息。
あとは体を動かした方がいいとのことだったので6時半からの体操に気分の悪いのを押して、無理矢理参加しました。
朝の澄んだ空気の中で体操していると、何だか落ち着いて来たような。


その後は足湯に入り、雑誌や漫画を読んでのんびりまったりします。


そして待ちに待った朝食!!
今日から回復食なんです。


三分粥、豆腐のお味噌汁、梅干し、写ってないけどごま塩。




たったこれだけの量を、大事に大事にゆっくり食べます。
あ~、心と身体に沁み渡るっ!!
ごまが香ばしくって、たまらない!


食べ終わったら食欲スイッチが入ってしまい、正午の施術までiPhoneで熱海のお食事処を検索しながら過ごしてしまいました。
帰り、海鮮丼の誘惑に果たして私は勝てるのだろうか…


  1. 2014/11/17(月) 04:23:29|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 2日目 その3

16時からは「食のワーク」という、食べ物や食べ方についてのミニ講習のようなものに参加しました。
元々健康オタクな私にとっては目新しい情報があるわけではないのですが、
先生が「あまりガチガチにする必要はないから、一つでも自分のできることを取り入れて」とおっしゃったのが印象的でした。
これは夜の「食生活改善講座」でも同様のことをおっしゃっていました。


私はものすごーくだらしなくて自分に甘い性格なのですが、
反面完璧主義のところがあって、完璧にやれないと嫌になってしまうところがあるなと最近感じています。
完璧にやれないと嫌になって、すぐに投げ出してしまうとか…
これからは超適当でいいから、長く細く、ダラダラと続けていくのをモットーしていきたいなと心に決めたのであります。
(そんなに決意することか?!)


食のワークの中では咀嚼の重要性が繰り返し語られたのですが、実習として「玄米を口に入れて100回噛む」というワークがありました。
実に2日ぶりの固形物…
う、うまい!!!


ところが、です。
このたった二口の玄米が心と体を刺激し、この後空腹感に苛まれることになります。


その後ヨガをして、待ちに待った夕食!!




超薄味の野菜スープです。
ううう、足りないよう…
でもおいしゅうございました。


その後、食生活改善講座、安眠のヨガの後、2回目の温泉に入って寝ました。


お腹減ったよー…
  1. 2014/11/16(日) 09:03:08|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 2日目 その2

朝御飯後、前々から行きたかった「海座工房」さんという陶芸工房へへGo!
昨年伊豆に来た際泊まった「きらの里」でこちらのお皿とカップを購入してとてもお気に入りなのです。


ホームページを見ると、「怪しい少年少女博物館」からは道が複雑なので、電話してくださいと書いてある。
電話をして聞いてみても同様でした。
てことで、この博物館の近くに違いないと、まずは、この博物館に向かう。
「南大室台別荘地」の看板を左折して、ひたすらにまっすぐ歩き続ける。


こんな看板に心奪われつつ…



途中、桜並木通りという伊豆高原駅に向かう通りを渡り、「姫沙羅」というお好み屋さんを左に見ながらそれでもてくてく。


40分は歩いたかという頃、ようやく怪しい少年少女博物館が見えてきました。
(余談ですが、本当に怪しい。次に伊豆に来る時同行者がいたら、是非行ってみたい。)


そこで電話をしてみると、お好み焼き屋さん「姫沙羅」までまず行ってくださいとおっしゃる…
もしかしてだけど、
もしかしてだけど、
…それって、今さっき通ってきた道を戻るってこと?!


まず姫沙羅まで戻って再度電話してみると、まだ直進を続けて「南大室台別荘地」の看板を右に曲がってくださいと…
ちょっ、それ私の出発地から徒歩5分で行けそうな勢いの場所ってことですかっ!!!


私の約1時間半に及ぶ壮大な長旅はなんだったんだろうか…と思いつつ、南大室台別荘地に戻り、指示通りにあるいて、ようやく工房へ到着。
私がちゃんと出発地をお伝えすればよかったんです…


とっても素敵な作品達。






上は旦那様の作品達ですが、私は奥様のお茶碗、取り皿、小さめの小鉢をペアで購入。
おまけに、可愛い鯛の箸置きを付けてくださいました!
梱包してあるので、家に帰って写真をアップしたいです。


伊豆はアップダウンが激しい…
お尻の筋肉痛が激しいです(泣)


なにこの上った回数…
頑張ったなぁ、私!






  1. 2014/11/15(土) 14:27:51|
  2. 今日の晩御飯
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 2日目 その1

2日目です。
雲一つないすんばらしいお天気!

6時半起床して、足湯に浸かりながら漫画を読み、
7時半からは優しい太極拳みたいな体操に参加。
その後40分ほどウォーキングに行って、
9時から施術(ひまし油湿布、マッサージ、干渉波治療)
10時から朝食と、私にはあり得ないくらい朝から活動しております。
通常の予定のない週末だったらまだ夢の中に入る頃だろうからなぁ…


お散歩中の写真です。
施設は別荘地の中にあるので、面白いお家がいっぱいあって楽しいです。
でも道がすごーくわかりにくいです…
静かで自分の足音と鳥のさえずりしか聞こえません。

水平線が見えます!



なんだか素敵なお家。








植物










そして朝ご飯。
嬉しいことにグリーンスムージーみたいな感じでどろっとしていて、昨日の透明の液体より食べてるって感じがします。
りんごの甘みが身に沁みる~

  1. 2014/11/15(土) 11:01:15|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 1日目 その4

今日の晩御飯











ちーん…


薄めたポカリみたいな味でした。
ゆっくりゆっくり大事に飲みました…


こちらの施設では食養生コース、デトックスコースの方も半分くらいいらっしゃって、こんなものを召し上がっていらっしゃいます。





羨ましいよぉ…
最初に食養生コースの方から配膳されます。
ひくーい衝立の向こうから香り立つお味噌汁のお出汁の匂い…
お出汁の匂いって、すごく食欲をそそるんですね。


その後、断食コースのジュースが運ばれてくるのです…


楽しそうな衝立の向こうに対し、テンションが地を這うこちらの面々…
ほとんどお葬式並みの鎮痛な面持ちです。


家では絶対断食できないですわ、誘惑いっぱいだもん。
ここは断食仲間がいるだけ大分楽だと思います。


その後足湯に浸かって漫画を読み、マッサージ機に座って漫画を読み、部屋で漫画を読んで、
と、漫画三昧の後、なんと10時には就寝したのでした。


信じられないくらい健康的です。
  1. 2014/11/15(土) 06:36:23|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 1日目 その3

もうすぐ待ちに待ったご飯です!
と言っても、ジュースだけですが…
すでに食堂を兼ねた大広間で待機中。

施設到着後館内の説明を受けて、問診票に記入。
その後一人ずつ入所面談です。
恐怖の体重と体脂肪率測定と自律神経(?)の検査。
自律神経の検査はどれもこれも数値が低かったです。
60が理想値らしいが、10~30をふらふらと…
胃腸系、リンパが特に低かった。


その後、吸玉治療でした。
身体の悪いところはどす黒くなるとかいうので期待していたのですが、あまり色がつかず。
冷えてるとあまり赤くならないとのことでした。
確かに冷えてる自覚あります、はい。

その後は足湯、マッサージチェアを楽しんで、温泉に入りました。
平日の夕方の温泉に、喜びもひとしおであります!!
会社の皆様、ごめんなさい。


これで美味しいお食事さえあればまさに極楽なんだけどなぁ。


大広間のテーブルのお花。
それぞれのテーブルに違うお花が飾ってあって、ほっこりです。

  1. 2014/11/14(金) 17:59:15|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 1日目 その2


伊豆高原到着。
施設のお迎えを待っています。



車窓からの景色は快晴!
でもかなり肌寒いです。



お腹減ったよー…


  1. 2014/11/14(金) 12:46:14|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

伊豆断食旅 1日目 その1

待ちに待ったような、申し込んでからあっという間だったような、3泊4日の断食旅の開始です。
伊豆高原で人生初の断食に挑戦です!
数年来ずっと行きたかったので、ドキドキワクワクビクビクしています。


昨日頭痛がひどくて予想外に早く寝てしまったため全く用意ができておらず、朝からバタバタと準備。
いつもの如くギリギリの状態でのスタートとなりました。
急行で行こうと思っていたんですが、仕方なく新幹線で熱海まで行くことになりました。
(東京駅から4660円)
急行を使いたかったのは節約はもちろん、新幹線や踊り子号で楽しく飲み食いを繰り広げる皆さんと同乗したくなかったんですよ…
断食施設からの指示で朝から水とお茶以外摂取禁止なんです。


とりあえずお昼時じゃなくて助かったけど、斜め前の席の人のサンドイッチを見ながら、お腹がなってます(泣)
まだ施設に到着もしてないのに大丈夫か、自分!
  1. 2014/11/14(金) 10:39:51|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

今年も終わり…

ちょっと気が早いかもしれませんが、今年も終わりだなぁとしみじみしています。
みんな翌日仕事の時は遅くなりたくないので、飲み会やお出掛けは金曜に入る。
手帳を見ると、もうほとんど今年金曜の空きがないのです。
インドア派が極まって引き篭もり派を自認する私ですらそうなんですから、周りのアクティブな皆さんは推して知るべしです。

1月が誕生日の私は年明け早々誕生日。
もう誕生日が嬉しい歳では決してないんですが、新しい年や歳に改まるというのはちょっと背筋が伸びるようないい気分です。

と、鬼に笑われながらもポジティブなのは、2月に久々の海外旅行が控えているからです。
考えてみれば、二十代前半は欧州某国でトータル2年程を過ごしました。
某国から帰国後、大失敗の(でもある意味ものすごくネタになる)ベトナム旅行の後は会社のトレーニングで東アジアに数回行ったのみ。
本格的な旅行はベトナム以来6年ぶりです。
(調べてみたら2008年11月だった。時の流れ早過ぎる!)
前回と同じく旅の道連れは妹。
ベトナムでもかなりの珍道中だったので、またいろんな意味で思い出に残る旅行になることでしょう…

まだ11月なのに来年を心待ちにする私なのです。
  1. 2014/11/13(木) 09:14:28|
  2. 日々の徒然
  3. | コメント:0

どーぶつドーナツ

明日から3泊4日の旅に出ます。
昨日はその準備のための買い物に行きました。
財布の紐が緩くなって余計なものまで買ってしまいました…

お気に入りのどーぶつドーナツ。
明日からしばらく好きな物食べれなくなるから、いいじゃないかと自分に言い訳してみる。

あぁん、かわいい!



我が家のカピバラファミリーの一員、温泉さんと。



おいしくいただきました!


  1. 2014/11/13(木) 08:56:44|
  2. 今日のおやつ
  3. | コメント:0

箱根3日目 その2

桃源台からロープウェイで大涌谷へ向かいました。
大涌谷は最初に箱根に来た5、6年前にも訪れたのですが、相方くんの強い希望で。
ロープウェイを降りると既にほのかに漂う硫黄の匂い…
否応無く気持ちは高まります。

駅の建物を出て早速最初の写真を撮ろうとしたその時、ん、相方くんの顔色がなんだかおかしい?

「スマホがない…」

えっ、ほんと?!
ポケットに入ってるんじゃないの?

「そっちのバックやポケットに入ってない?」

そんなでかいもの、入ってたら鈍い私でも気づくがな!!
※注 彼のスマホは千円札大の巨大なもので所謂ファブレットってやつです。

という一連のやりとりをしばし繰り返し、確認できたことはスマホは私達の手元にはない…

「スマホなくすなんて…」
と紛失初体験の彼は落ち込んでいましたが、紛失ベテランの私は落ち着き払っています。
定期紛失3回の可能性が役に立つ(?)とは、世の中分かりません。

駅のカウンターにスマホを失くしたことを伝えたところ、捜索に30分位かかるとのことなので、
とりあえず噴煙地に向かうことにしました。

湯気もくもく…



お約束の黒たまごを買って、駅に戻りました。
駅員さんに聞いてみると、答えは素気無く「ロープウェイの中も探しましたが、ありません」…
ありませんって、ありませんって言われてもどうすれば…
どう考えてもほぼ確実にロープウェイに忘れたんだけどな。

一旦ベンチに行き、念のため互いの荷物を全てひっくり返しましたが、やはりない。
私の携帯から電話をしつこく掛けても、近くでなってる気配は皆無。
やはりロープウェイの中としか思えません。

私のスマホで検索した結果、彼の使うドコモではGPSでなくしたスマホの場所を確認してくれるサービスがあるので私の携帯から電話してみます。
幸いにも彼のスマホは確認できる対象機種でした。
そして結果は、、
「桃源台にありますね」

これはやはりロープウェイの中である可能性が高い。
念のため、数分おいて再度調べてもらうと、道なき道をこちらに向かって移動してきているとのことなので、これは確定でしょう!

もう一度カウンターに訴えに行くと、今度は先程とは別の落ち着いた男性が対応してくださり、わざわざこちらに来て話を聞いてくれました。
一旦探していただいたがなかったとの答えだったので、見にくいところに落ちているかもしれないと言うと、
「何色のロープウェイに乗ったか覚えていますか?」等具体的、且つ何だか先に進みそうな質問が。
おぉ、これは期待できるんでないの?!

私がロープウェイの中で撮った彼の写真を確認すると内側のピラーは赤い。
「内側のピラーと機体の色は同じです」
とのことで、まずは乗った機体の色が判明しました。
その後、各所に連絡を入れて捜索してくださり、30分程で「それらしきスマホが見つかりました!」とのお知らせ。
大涌谷に届けてもらい、スマホと再会した時には最初に大涌谷についてから、2時間程経っていました。
感動のご対面!

椅子の間みたいに見つかりにくい所に落ちたスマホは1時間以上の間単独で桃源台と大涌谷の間を往復していたのだと思われます。
富士山は綺麗に見えたかね?!

その後強羅に戻り、帰路につきました。
とんだハプニングもありましたが、旅行はハプニングが起きた方が後々想い出に残るものです。
ってことで、良い旅行でした。
  1. 2014/11/06(木) 08:59:03|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

箱根 3日目 その1

あっという間に最終日です…
ずっとすっきりしない天気が続いていましたが、ここに来てようやく晴れました!

部屋からの眺めはこんな感じ。



貸切露天風呂も、もう傘なんて必要ないぜ!



温泉→朝食→温泉→岩盤浴と怒涛のラストスパートにくらくら来つつ、最後まで楽しみました。

チェックアウト後はバスで仙石原に向かいました。
一面のススキを堪能。



いつも旅に同行するカピバラ兄弟がモデルの一枚(笑)



仙石原の後はバスで桃源台へ。
  1. 2014/11/05(水) 19:49:14|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

箱根 2日目

2日目は旅館のすぐ近くの強羅公園へ。
すぐ近くとは言え、急勾配の坂道を登るのはなかなかきつく、今頃になって筋肉痛が出てくるのが三十代の哀しさです…

強羅公園は色々な植物の温室や茶室、色々な体験ができるクラフトハウスがあり、なかなか見応えがありました。

熱帯植物園があったり、



寒くても健気に咲いてる薔薇がいたり、



お茶室でお抹茶をいただいた後、高台の茶室からの景色を楽しんだり、



噴水に時代の流れを感じたり…



クラフトハウスの売店でお気に入りのミニ小鉢を買えたのが収穫でした。
  1. 2014/11/05(水) 19:33:01|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

箱根 1日目

箱根に2泊3日で行ってきました。

癒されるつもりが一泊だと慌ただしくて、体力のない私は疲れるだけで終わります…
最近は2回1泊よりも1回2泊の旅行をする方がいいです、歳かしら…
と言うことで、去年の秋に伊豆に行って以来の相方くんとの旅行となりました。

ロマンスカーで箱根へ。
出掛ける直前に仕事を思い出し、あれこれしてたら到着が夕方になっちゃいました。
泊まったのは強羅の雪月花。
超人気でかなり混んでましたが、最上階の部屋でのんびりできました。

1日目は温泉に入って、ご飯を食べた以外は何もせず終わりました。
雨でしたが、傘をさして入る個室の貸切風呂もなかなか乙だった、かな…

  1. 2014/11/05(水) 19:21:55|
  2. 旅行
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。